礼拝説教ダイジェスト:2021年

【ご利用になる方は……】

 ここは、メッセージの要旨を並べてある部屋です。
下記のリストにて、当教会に収録してあるメッセージの要旨が紹介されています。
本文をお読みになる場合は、要旨のタイトルの横にあるボタンをクリックしてください。

教会の玄関に戻る 
礼拝堂の入口に戻る 
 

【メッセージの要旨】

「信じてはいなかった。だが助けてはくれないか。」  
聖書:マルコによる福音書9章14−29節(霊に取りつかれた子を癒す)
2021年2月21日(日)日本キリスト教団徳島北教会主日礼拝説き明かし
 この物語はイエス様が亡くなってから40年近く後の、福音書記者マルコによるエルサレムの12弟子が創立した教会に対する批判であると読むのが良いでしょう。
この教会の人たちは、議論ばかりして、実際に病気や障害や問題行動などで苦しんでいる親子の手当てをするでもなく、何も力を発揮できないでいるではないか、という批判なのです。
イエス様は「(神さまを、イエス様を、そして人間同士が)信じる気持ちをしっかりと持てば、不可能なことはないのだ」とおっしゃっています。
この物語は私たちの教会が陥りがちな問題を鋭く突いていると言えるでしょう。「祈りによらなければ」とイエス様はおっしゃいます。けれども私たちは、苦しむ1人の人のために真摯に祈るということさえも怠っているのではないでしょうか。

「礼拝で政治の話はやめてください」  
聖書:マルコによる福音書15章1−15節(ピラトによるイエスへの尋問と死刑判決)
2021年2月7日(日)日本キリスト教団徳島北教会主日礼拝説き明かし
 「礼拝説教では政治の話はしないでください」という声はよく聞かれます。確かに牧師が説教の中で、特定の政党への支持を呼びかけたり、特定の政治思想を説いたりということはよくないと思います。
ただ、政治の色が一切ない聖書の話をしろと言われると、ちょっとそれは無理な注文ではないかなと思います。
なぜなら、イエス様は実に政治的な暴虐の中で殺されていった方だからです。イエス様の生涯と死について語るとき、当時の政治について話さないわけにはいきませんし、またそれは現在の私たちが生きている政治的状況と無関係に語っても意味がありません。
今日は、そのような意味で興味深いシーンを引用しながら、そのことを考えてみましょう。

「もともとあった分かち合い」  
聖書:使徒現行録17章1-9節(テサロニケでの騒動
2021年1月24日(日)日本キリスト教団徳島北教会主日礼拝説き明かし
 私たちの教会(徳島北教会)は、「おたくの礼拝はまるで礼拝というよりは聖書研究会ね」と揶揄されます。特に説き明かし(説教)の後、分かち合い(話し合い)があるために、聖書研究会のような意見交換があるので、「礼拝というより聖研だ」というのです。そして当然、聖研より礼拝の方が尊いと思っていますから、「まるで聖研」というのは、「あんなものは礼拝ではない」と軽蔑しているのです。
 確かに、「礼拝で言葉を発するのは牧師と司会者のみ。参加者は讃美歌以外は声を出してはいけない。話してもいけない。笑ってもいけない」と信じ込んでいる信徒は多いです。
 けれども、キリスト者と呼ばれ始めた頃の最初のキリスト者たちは、果たしてそんな礼拝しかあり得ないと思っていたでしょうか? また、私たちはプロテスタントですが、宗教改革者のマルティン・ルターが原点に帰ろうとした礼拝の形とは、単なる講演会のような礼拝でしょうか?
 そのあたりを、丁寧に使徒言行録を読むことで、思いを馳せてみたいと思います。

「のろさに付き合う神さま」  
聖書:詩編23編(主は私の羊飼い
2021年1月12日(日)日本キリスト教団徳島北教会新年礼拝説き明かし
 新年明けましておめでとうございます。
 昨年、2020年は皆さんにとってどんな1年でしたか? 何を言っても「コロナ」の話題が私たちの頭から離れることがなかったのではないでしょうか。
 このコロナのおかげで、私たちの教会の歩みも随分鈍くなったのではないかと思います。
 しかし、兎にも角にも私たちは、自分たちに可能な限りの方法を使って、礼拝を死守してきました。これからも私たちは、春夏秋冬絶えることなく、礼拝を行うでしょう。礼拝は教会の中心だからです。
 今日は、詩編23編の特に4節に注目してみたいと思います。ここには「あなたの鞭、あなたの杖、それがわたしを力づける」とあります。杖は私たちが倒れそうになった時、支えてくれます。しかし、鞭は私たちが惰眠を貪りそうになる時に、「起きて、歩きなさい」と促してくれるのです。
 私たちの歩みは「牛歩」かもしれませんが、それでも「ゆっくりと、しっかりと」歩み続けることが大切です。神さまはこのゆっくりとした歩みに、鞭と杖を携えて付き添ってくださいます。それを信じて、この新しい年も進んでまいりたいと思います。の新しい1年もゆっくりと、しっかりと歩んでいきましょう。

 




 

教会の玄関へ戻る
教会の案内図へ戻る
「キリスト教・下世話なQ&A」コーナを訪ねる

牧師にメールを送る