みんたた!

「みんたた!」:みんなでたたこう聖書とメッセージ研究のコーナー

2013年7月のテーマ: 「イエス、湖上を歩く」

日本語訳聖書の版権は財団法人・日本聖書協会に帰属します。
当教会は、ホームページ上での聖書の引用に関して、
日本聖書協会の認可を受けています。

「みんたた」indexに戻る 




マルコよる福音書6章45-53節「イエス、湖上を歩く」


7月のみんたたはノンクリさんのリクエストにより、イエスがガリラヤ湖の上を歩いた記事を取り上げます。
せっかくですので、新共同訳からマルコ福音書とマタイ福音書の記事を並べておきましょう。比較すると、ペトロが水の上を歩こうとした部分は全体がマタイによる付加であることが分かります。




*******************




マルコ福音書の記事 6:45−6:53


>44 パンを食べた人は男が五千人であった。 

>45 それからすぐ、イエスは弟子たちを強いて舟に乗せ、向こう岸のベトサイダへ先に行かせ、その間に御自分は群衆を解散させられた。

>46 群衆と別れてから、祈るために山へ行かれた。

>47 夕方になると、舟は湖の真ん中に出ていたが、イエスだけは陸地におられた。 

>48 ところが、逆風のために弟子たちが漕ぎ悩んでいるのを見て、夜が明けるころ、湖の上を歩いて弟子たちのところに行き、そばを通り過ぎようとされた。 

>49 弟子たちは、イエスが湖上を歩いておられるのを見て、幽霊だと思い、大声で叫んだ。 

>50 皆はイエスを見ておびえたのである。しかし、イエスはすぐ彼らと話し始めて、「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われた。 

>51 イエスが舟に乗り込まれると、風は静まり、弟子たちは心の中で非常に驚いた。 

>52 パンの出来事を理解せず、心が鈍くなっていたからである。 

>53 こうして、一行は湖を渡り、ゲネサレトという土地に着いて舟をつないだ。 

>54 一行が舟から上がると、すぐに人々はイエスと知って、 

>55 その地方をくまなく走り回り、どこでもイエスがおられると聞けば、そこへ病人を床に乗せて運び始めた。 




*******************




マタイ福音書の記事 14:22-14:34


>21 食べた人は、女と子供を別にして、男が五千人ほどであった。 

>22 それからすぐ、イエスは弟子たちを強いて舟に乗せ、向こう岸へ先に行かせ、その間に群衆を解散させられた。 

>23 群衆を解散させてから、祈るためにひとり山にお登りになった。夕方になっても、ただひとりそこにおられた。 

>24 ところが、舟は既に陸から何スタディオンか離れており、逆風のために波に悩まされていた。
>25 夜が明けるころ、イエスは湖の上を歩いて弟子たちのところに行かれた。 

>26 弟子たちは、イエスが湖上を歩いておられるのを見て、「幽霊だ」と言っておびえ、恐怖のあまり叫び声をあげた。 

>27 イエスはすぐ彼らに話しかけられた。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」 

>28 すると、ペトロが答えた。「主よ、あなたでしたら、わたしに命令して、水の上を歩いてそちらに行かせてください。」 

>29 イエスが「来なさい」と言われたので、ペトロは舟から降りて水の上を歩き、イエスの方へ進んだ。 

>30 しかし、強い風に気がついて怖くなり、沈みかけたので、「主よ、助けてください」と叫んだ。
>31 イエスはすぐに手を伸ばして捕まえ、「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言われた。 

>32 そして、二人が舟に乗り込むと、風は静まった。 

>33 舟の中にいた人たちは、「本当に、あなたは神の子です」と言ってイエスを拝んだ。 

>34 こうして、一行は湖を渡り、ゲネサレトという土地に着いた。 

>35 土地の人々は、イエスだと知って、付近にくまなく触れ回った。




*******************



どちらの福音書もすぐ前の記事が5000人の供食の物語、すぐ後ろの記事がゲネサレトの人々がイエスの来訪を告げ知らせ、多くの病人が癒される物語です。

ヨハネ福音書の記事との関係や、ルカ福音書との関係も興味深いところですが、まずはマルコとマタイから御自由にどうぞ。



Re: 7月のみんたた「イエス、湖上を歩く」 - tomita@iChurch.me
2013/07/05 (Fri) 12:59:49

どうも、ありがとうございます。
みなさん、どうぞご自由に思う所をお書き下さい。


Re: 7月のみんたた「イエス、湖上を歩く」 - トマス
2013/07/11 (Thu) 21:32:06

あくまで日本語で読み比べた感触でということですが、マルコの方がやはり荒削りですね。

マルコだけを手渡されて例えば編集者として手を入れろ、と言われたら、ペトロのくだりを別にして、マタイと同じ書き直しをしたくなるのが2箇所。ひとつめはマルコの48節、弟子たちのそばを通り過ぎようとした。マタイのように、弟子たちのところへ行こうとした、と書く方が話の筋として無理がない。ふたつめはマルコの52節、パンの出来事云々の削除。削除する方が話の筋に無駄がない。

単にマルコの文章力あるいはギリシャ語力の問題なのか、それともマルコに何某かの意図があったのにマタイに伝わらなかった(あるいは伝わったのにマタイが自分の意図と違うと思って書き直した可能性もありますけど)のか、興味の湧くところです。



Re: 7月のみんたた「イエス、湖上を歩く」 - トマス
2013/07/17 (Wed) 21:22:56

動きがないのでネタを投下。

マタイとルカがそれぞれにマルコ福音書を元にして、いわば増補改訂版として自分の福音書を書いたことは今では定説でありましょう。

いわゆるQ資料(イエス語録)による単元をどこに付加するかということはマタイとルカの間で相当な相違があるわけですが、一方、マルコの記事を元にした部分は、マタイもルカもおおむねマルコの順番どおりに物語を書き進めます。

マルコとルカに書かれていて、マタイに書かれていない記事はほぼ皆無です。ざっと調べましたが、目に着いたのは弟子たちの派遣に対する帰還の報告ぐらいでしょうか(マルコ 6:30-31)。

ところが、今月の記事の部分から4000人の供食まで、マルコ福音書の 6:45-8:10 の部分はマタイには有るのにルカにはありません。ごっそり抜けています。
どういうことなのか、大変に興味の湧くところです。


Re: 7月のみんたた「イエス、湖上を歩く」 - トマス
2013/07/22 (Mon) 21:26:00

今月も下旬に入りましたが・・・

どうも今月は壊滅的に動きがありませんね。こういう自然現象を相手にした奇跡物語だと、どうしても結局は奇跡を認めるか認めないかみたいな話になっちゃいそうで書き込みしにくかったのでしょうか。

とりあえず、先週のネタの続きを投下。

無責任な当て推量を書いてよければ、次の3つのどれかなんでしょうねぇ。

・理由はともかく、ルカがこの部分を自分の福音書には書かなかった。
・ルカは書いたのだけど、早い時期に散逸したので今には伝わっていない。
・書くも書かないも、ルカが手にしたマルコ福音書にはこの部分がなかった。

さて、どれなんだか。


Re: 7月のみんたた「イエス、湖上を歩く」 - tomita@iChurch.me
2013/07/25 (Thu) 08:48:33

まあまあ、リクエストを出されたノンクリさんが、まだ何もおっしゃっていませんのでね。お忙しいんでしょう。
それに連日の暑さで、ぼく自身もなんだか、何かを書き込みたいという気分が起こらないほどで……

まあ、こういう時もあるということにしましょう。

ところで、最近本屋で立ち読みした本ですが、ポール・ヴァーホーヴェン監督の『ロボコップ』という映画は、キリストの受難と復活物語をベースにしたものだったそうですね。少なくとも監督はそう考えて作っていたそうです。
その映画の中で、ロボコップが水たまりを歩くシーンがありますが、水面のすぐしたに板を敷いて、その上を歩いているんだそうです。それで水の上を歩くキリストを表現したかったんだそうです。

他にも、『ダ・ヴィンチ・コード』では、ラストシーンで主人公の女性が水の上に足をかざして、クスッと笑う場面がありますが、あれも水の上を歩くキリストのパロディですね。

なかなか欧米の映画というのは、キリスト教的に見ても、奥が深いもんです。

Re: 7月のみんたた「イエス、湖上を歩く」 - トマス
2013/07/25 (Thu) 17:17:55

うろ覚えで書いてますけど、
ロボコップはロボットじゃなくてサイボーグでしたよね。殉職した警官の神経だか何だかを使っていて、人間だった頃の記憶に時折苛まれるんじゃなかったでしたっけ。サイボーグになって再生するというあたりは復活のイメージが背景にあるかもしれませんね。


Re: 7月のみんたた「イエス、湖上を歩く」 - ノンクリ
2013/07/26 (Fri) 20:34:23

 まあ、忙しいのもありましたけど、あまりの反応の無さに、こりゃネタを間違えたかな?と少々後悔。この水の上を歩くエピソードは純粋に何が言いたいんだ?という疑問が主で、自分の意見って特にないんですよね。だから、誰か何か言ってくれないと出て行きようがなくて。

 聖書って心を打つ名言も多い代わりにコレ何の意味があんの?みたいなエピソードも多いじゃないですか?一体、こんな古代人の感覚からしても、意味不明で胡散臭げな話を入れるのはなんで?ってことですね。

 ロボコップは面白かったですね。ただ、私にとってはキリスト教より、仮面ライダーとかゴレンジャーとか日本伝統の特撮ヒーローものの大人版って感じでしたけど。
 ロボコップもロボっていうよりは仮面ライダーのような改造人間だし。制作者側も意識しているのか、ロボのデザインは日本の特撮戦隊ものに出てきそうなデザインだし、ヤマハのスポーツ心臓だの日本ネタがチョロチョロ出ますね。

 なんて言っているうちにロボコップの舞台である、デトロイト市って劇中同様に本当に破綻してしまいましたよね。
 警察も民営化されてしまう?なんか、もうSFではないような・・。

http://www.cnn.co.jp/business/35034872.html
米デトロイト市が財政破綻、負債180億ドル

Re: 7月のみんたた「イエス、湖上を歩く」 - ノンクリ
2013/07/26 (Fri) 20:43:39

 そのロボコップの「故郷」デトロイト市の現況は映画さながらのひどいことになっているようですね。例えば、先に挙げたCNNの記事によれば・・・、

「警察が市民からの通報を受けて対応するまでにかかる時間は1時間と、全米平均の11分に比べて大幅に長く、市内の街灯の40%は消えた状態だったという。」

 本当にロボコップが出てきそう・・・。
 




「みんたた」indexに戻る


iChurch.me:三十番地キリスト教会の玄関に戻る
iChurch.me:三十番地キリスト教会の案内図へ進む

iChurch.me:三十番地キリスト教会の礼拝堂案内に戻る
大礼拝堂に入る
小礼拝堂に入る
ブラザー・トマスの小チャペルに入る
「キリスト教・下世話なQ&A」コーナを訪ねる