sayaka chapel

夢を見よう 〔audiotyped〕

2011年9月4日(日)主日礼拝説教
(これは実際に行われた説教を録音したものをテープ起こししたものです)

説教時間:約20分

"Sayaka Chapel"入口に戻る
三十番地キリスト教会・礼拝堂に入る
三十番地キリスト教会・案内図に入る

〔旧約〕 ヨエル書2章21節〜3章2節(新共同訳)

大地よ、恐れるな、喜び躍れ。
主は偉大な御業を成し遂げられた。
野の獣よ、恐れるな。
荒れ野の草地は緑となり、木は実を結び、いちじくとぶどうは豊かな実りをもたらす。
シオンの子らよ。
あなたたちの神なる主によって喜び躍れ。
主はあなたたちを救うために、秋の雨を与えて豊かに降らせてくださる。
元のように、秋の雨と春の雨をお与えになる。
麦打ち場は穀物に満ち、搾り場は新しい酒と油に溢れる。

わたしがお前たちに送った大軍、すなわち、かみ食らういなご、移住するいなご、若いいなご、食い散らすいなごの、食い荒らした幾年もの損害をわたしは償う。
お前たちは豊かに食べて飽き足り、驚くべきことを、お前たちのために成し遂げられた主、お前たちの神なる主の御名を、ほめたたえるであろう。
わたしの民は、とこしえに恥を受けることはない。
イスラエルのうちにわたしがいることを、お前たちは知るようになる。
わたしはお前たちの神なる主、ほかに神はいない。
わたしの民は、とこしえに恥を受けることはない

その後、わたしはすべての人にわが霊を注ぐ。
あなたたちの息子や娘は預言し、老人は夢を見、若者は幻を見る。
その日、わたしは、奴隷となっている男女にもわが霊を注ぐ。

〔新約〕 マタイによる福音書7章7〜12節(新共同訳)

求めなさい。そうすれば、与えられる。
探しなさい。そうすれば、見つかる。
門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。
あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。
このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物くださるにちがいない。
だから、人にしてもらいたいと思う事は何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である。


 みなさんおはようございます。私は東京の某神学校に通っています爽歌といいます。
 某神学校は日本基督教団の認可神学校の一つです。もちろんクリスチャンでない方もいらっしゃいますので、砕いていうと、牧師の養成学校でございます。
 8月1日から実習で奉仕をさせて頂いております。一応の実習期限は9月15日です。ここまでが限界だろうということでいちばんさいしょにY牧師にお伝えしました。私の気持ちも変わって、いろいろあって夏休み一杯ここに留まろうといま思っております。15日を超えてもまだここにいるつもりですし、また、もともとの期限からいってもちょっと総括の説教というのも私の中では早いですし、まさかここで、決別の、お別れの説教をするという気持ちにはまだまだなれないです。しかし、これが今、与えられた時だと信じて、感謝して、約1ヶ月をここで過ごさせて頂いた中で、感じたこと、思ったこと、また願っていることを今日皆さんと分かち合いたいと思っております。

 8月26日、K牧師がこの礼拝堂でコンサートをやってくださいました。私は名簿に名前を書いてもらうということで、そこのテーブルで受け付けをしていて、そのまま立ちっぱなしで、コンサートを聴いていました。本当に楽しいときで、手を叩きながら聴いておりました。
 K牧師が最後の方、「夢をきかせて」という歌をうたってくださいました。実はそのコンサートの前日に、Y牧師から「さーやん、礼拝説教9月4日でいい?」と聞かれ、言い渡されておりました。どうしようか・・・。実は、Y牧師が奄美諸島の無人島に出張に行かれている間に、北海道に私も帰っておりました。
 その頃には、実習終わるときにはこんな話をしようかな、この説教題でいこうかな・・・聖書はここだな、となんとなく思っておりましたが、またいろんなことがあって気持ちが変わって、このままじゃできないなあどうしようか・・・と思ってました。
 その歌を聴いているうちに、そんなことを考えているうちに、「説教題降りてきた、来た~!!」と思いましたね。本当に。ひらめいたというか、本当に「降ってきた、おりてきた。」という感じです。忘れないうちに目の前にあるボールペンを引っ捕まえて、左手に書きました。「夢を見よう」と。

 ヨエル書の3章1節にはこのように書かれています。「その後、私はすべての人に我が霊を注ぐ。息子や娘たちは預言し、老人は夢を見、若者は幻を見る」。夢を見ることと幻を見ること、何が違うのでしょうか?聖書の世界では、夢も幻もだいたい同じ意味で使われているそうです。しかし、ここで私は
「若者は幻を見る。老人は夢を見る。」という言葉に着目していきたいと思います。
 私が思う幻とは、私たちが生かされているこの人生の中で、突然降ってきてわいてきて、人間を爆発的に行動に移させるものだと思います。さっきの、私の説教題がコンサートのときに降ってきた、そんなのが幻なのではないかと思います。これは、本当に人生を生き急ぐエネルギーのあふれた若者の動きなんじゃないかなと思います。一方、夢は、もっと長期的な展望を描かせるような、未来の青写真、もっと言ってしまえば神から与えられた預言に近いものなんじゃないかなあと思います。またこのような長期的な展望を描けるのは、長い人生を生きてきた老人なのではないかなあと思うのです。

 本日はもう一カ所聖書を読んで頂きました。
マタイによる福音書7章7節「求めなさいそうすれば与えられる。」「もとめよ、されば与えられん」私が特に言うこともないくらい、みなさんもよくご存じの御言葉だと思います。また、教会に来たこととのない人も「ああ知っているよ」というような言葉だと思います。
 今日読んでいただいた中にこういう言葉があったと思います。9節と10節です。
「あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子どもに石を与えるだろうか。魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。」しばしば、私たちは「御心なら叶えてくださる」という祈りをします。またそういうふうに本当に祈ります。御心なら叶えてくださいと言うでしょう。当然と言えば当然だと思います。神の御心に添わないものなら何一つ叶わないということをわたしたちは知っているからです。
 ただ、そう思ってしまって「あ~これはだめかもしれないなあ」と人間の本位で願わない、そもそも願わないというのはやはりよろしくないんだと思います。この被災地にある教会で、被災地にある教会に集う私たちが、このせっぱ詰まった状況で本気で祈り、願う。それも、自分のためではなく、自分のことしか考えない祈りではなく、教会の為に祈り、地域のことを思い、私たちの隣人である知っている人を思う祈りが御心に叶わないわかがないと思います。本当に。

 私たちの神は「パンを願う者に石を与えない神」であって、「魚を欲しがる者に蛇を与えない神」です。石にしても蛇にしてもユダヤ人にとっては嫌悪の対象だと思います。石は処刑の道具、石打ちの道具です。
 蛇はアダムとエバの話ですね・・・創世記の2章以降にでてくると思うんですが、そこで蛇がそそのかすわけですね。そういう記憶がユダヤ人にあるからやはり嫌悪の対象だと言えると思います。そんなことを神さまがするわけがない。私たちの命、存在に必要なものは必ず与えられる。魚とパンいうのは本当に日常の食べ物だと思います。5000人給食で最初にわけ与えられたものは、2匹の魚と5つのパンです。それが少年がもっていたということは福音書に中に書いてあります。本当に日常的に持ち歩く弁当のようなものではないかと思います。神はそういうところから奇跡を起こされます。本当に私たちの命、存在に必要なものは必ず与えられる。そのことを信じて、願っても良いのではないでしょうか。
 また、「求める者」「探す者」「門を叩く者」・・・そういう風に聖書に並んでおりますけど、これは必ずしも同じ人がやらなくてもいいのかなと思います。求める者には求めるには求める者の賜物、探す者には探す者の能力、門を叩く者の行動にはそういう能力がある、それぞれ、神から与えられた賜物があって、プレゼントがあって、能力がある・・・「あなたは夢をみなさい」とある人には語って、またある人には「あなたはその人の願いに本気に寄り添って実現させなさい」とそれぞれに求められているのだと思います。
 ただですね、夢を見る人、願う人がいなければそもそも夢は叶いません。夢がないからですね。何を知っているか、何を持っているのかではなく、何を願って、どのようなあり方で生きるのかが問題にされている。それは神からどのような場面であっても、何を願っていくかは私たちがある面一生涯かけて問われているのではないのかなと思います。

 話は変わりまして先週の日曜日です。28日にこの教会で結婚式がありました。Y牧師の元同僚の方が新郎さんで、教会は先週、クリーム色のバルーンアートで壁を作ってもらって飾り付けがされました。花婿も、花嫁も、牧師も、出席している人も、こんな笑顔みたことないよなというくらいいい顔でその場にいました。
 特にY牧師は、礼拝はいつものポロシャツ、ジーンズで、結婚式の時は着替えてくださって、カラーシャツに、白のガウンに緑のストールをかけて「いや~本当に見ただけだったらカトリックの司祭様だよな」というような服装でやってくだいました。その様子をずっとパソコンにつないだオルガンの横で見ておりました。いちばんいい席で本当に神さま見せてくださったなと思うんですけど、実習に来てから牧師がこんないい笑顔を人に向けたことあったかなと思うくらい、そんなの初めて何じゃないかなというくらい、笑顔で奉仕していました。今日、ここにはいないですけれど、赤テントにずっと来てくださってる被災者のKさんも、結婚式には出てくださいました。ほんとにいい笑顔で、こんなに本気で笑ってる、心から笑っている、そういう笑顔を私は見たことがなかったという風に思うぐらい・・・こんなにいい顔でいれるなんて・・・それが見れて私は幸せだと思いました。
 壁のない教会の中であげる結婚式に本当に本当に、神の光を見た思いがしました。私も、いつか自分が牧会に出たときに、こんないい結婚式、できないんじゃないだろうな・・・と思わされるくらい、いい結婚式でした。
 しかし、結婚式説教の副題、覚えてらっしゃるでしょうか。「今日を最良の日としないように」・・・これは、結婚された2人だけでなくて、ある面教会に向けられた、そしてあの場にいた私たちにむけえられた言葉でもあるのではないかと思っています。ついつい、この教会にとって最良の日だった・・・と言いたくなるくらい間違いなくいい日だったし、いい結婚式でした。でも、結婚式があったってなくたって、いつでも「最良の日」になるように・・・牧師も信徒もここに集う人もボランティアも、いつでもすべての人が笑顔になるように、笑顔でいられるように・・・そんな夢を見てもいいのではないか、いや、見ても良いのではなくて、見続けていかなきゃいけないのかなと思います。

 津波による被災で教会も大きな傷手を負いました。もう見ればわかると思うくらい・・・壁がはがされているところまで波が来たという説明を外から来る人にはしています。傷ついた教会、傷ついた礼拝堂で今日もこうして私たちは礼拝を守っています。
 この一ヶ月で思わされた、というより説教準備をしている間に思わされたことがあります。それは、この教会に招かれる人は、牧師も、教会員も、津波で被災した人も、実際津波をかぶらなかった地元の人も、そして外から来るボランティアも、それぞれ多かれ少なかれ傷を持っている、傷を負っているということです。津波で被災をしなかったとしても、傷つかなかったとしても他のことで被災をしているんだ・・・、外から来たボランティアも人生のいろんな場面で、津波といってもいいのかもしれないですね・・・波をかぶっている、連れ去られていく、引き裂かれる、そんな体験をどこかで持っているのではないかと思わされました。傷を持っているという点で私たちは集められるべくして集められたのだなと思います。

 週報に下手くそなイラストを描かせて頂きましたけど、手話でイエスを表現すると、手の平の中心にこのように中指をつけて、手のひらに傷のある(男)とするそうです。手のひらに傷、これだけでイエスを表現することができるそうです。その手話に、イエスは傷をもって復活されたといいう私たちの信仰が告白されていると思うのです。
 イエスが傷をもって復活した、そのことは、私たちが、自分自身、持っている傷によって、共に生きるようになるため、自分自身が持っている傷、残り続ける傷によって、互いにその傷によって、共感して、互いに苦しんで、共に歩んで、私たちはそれぞれ違うけれど、その違いを認め合ったまま、同じ夢を見るために・・・それを示すためにイエスは、傷をもって復活してくださったのではないでしょうか。
 ヨハネ福音書20章にあります、イエスが復活したということを信じないトマスにイエスは自分の手と脇腹の傷をしめして、見ないで信じる者は幸いだ、信じる者になれと諭す話があります。これはヨハネ福音書にしかない話ですけれど、この物語を見て、イエスは傷をもって復活されたのだと本当にそう思います。何度も何度も聴いている話だと思います。繰り返し聴かされるということに意味があるそういう話だと思うのです。イエスが傷をもって復活したことを心に刻むために。

 私の夢は・・・夢を見るにはわかすぎるのかもしれませんが、これから神学校に戻って、学びをして、いつかまた教会に召されていく先々で「壁のない教会」をつくっていくこと、これを夢みたいと思います。
 カトリックだろうが、プロテスタントだろうが、特定の宗教を持たない人だろうが、気軽に来れて、重荷を下ろせる、そしてまた、自分の現場、家、いるところに帰っていくそういうところに教会をしていきたいと願ってます。教会を「知恵なる神の開かれた家」にふさわしいところにしたい。そう思います。
 津波が来て壊れたものを人が壊すのは難しいかもしれません。しかし、それこそが神により頼んで求める「願い」であり、見るべき「夢」だと思っています。
 傷だらけの壁のない教会で、夢をみようではありませんか。

 祈祷いたします。
 すべての命の源である神さま
 今日、こうしてみ前に集められ、あなたをほめたたえ、またあなたのことを思うときをあたえられましたことを感謝いたします。
 私たちは、私たちひとりひとりが持つそれぞれの傷のゆえに、このところへと集められました。あなたは、その傷によって、私たちが共に願い、ともに生きることを望まれていると確信します。
 どうかそのみ旨が、あなたによって、あなたの業によって、あなたの御手によって、実現されますように。そして、これから私たちが願うべきことをあたえてください。
 この地に置かれている教会の宣教が祝福されますように。牧師をはじめ、ひとりひとりとともに神さま、あなたがいてくださいますように、せつに祈ります。願えば叶う神の国をここに実現させてください。
 津波によってこの教会の壁は崩れました。地域との壁がくずれ、ひとりひとりのこころの壁も崩れました。この壁が崩れたままでありますように。また、この世界にあるすべての諸教会にある地域との壁、人と人との心の壁を、とりはらうことができますように。
 この祈りを尊き救い主、イエス・キリストのみ名によってお捧します。
 アーメン。

爽歌*sayaka神学生のホームに戻る

三十番地キリスト教会・礼拝堂/メッセージライブラリに戻る

「キリスト教・下世話なQ&Aコーナー」に入る

ご意見・ご指摘・ご感想等はこちらまで→三十番地キリスト教会・牧師あてメール