sayaka chapel

イエスさまってどんな方?

2013年10月13日(日) 
某教会 子どもの教会説教


 "Sayaka Chapel"入口に戻る
三十番地キリスト教会・礼拝堂に入る
三十番地キリスト教会・案内図に入る
 
 
聖書……マタイによる福音書2章1~12節(新共同訳)

 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
 『ユダの地、ベツレヘムよ、/お前はユダの指導者たちの中で/決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、/わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
 そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。
 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。 。


 

 おはようございます。爽歌*sayakaといいます。隣の町の山の中にある神学校っていう牧師になるための学校から来ました。キャンプ来てくれたよね。よろしくおねがいします。

 みんなはクリスマスのお話は知っていますか?ページェントって知ってる?
 イエスさまがお生まれになったとき、誰がたずねてきたでしょうか?
 そうですね。羊飼いさんと東の博士ですね。
 いろんなことが言われているけれど、私は、イエスさまが人間のために来てくださった羊飼いだから、羊飼いさんたちがイエスさまがお生まれになったことをいちばん最初に天使から知らされてお祝いにかけつけたんだと思います。それと同じように、イエスさまがこの「東の博士」みたいだったから、東の博士はイエスさまが生まれたしるし星をみつけて喜んで長い旅をしてかけつけたんだと思います。
 どういうことかというと、この東の博士のお仕事は、いろいろあるんだけど、その中で今でいう「お医者さん」のお仕事もしていました。大昔で今みたいな病院はないから、その人に効く薬草はないかな~って探したり、その人が苦しかったり痛かったりするのと同じ気持ちなることで病気を治していました。今の私たちには信じられないかもしれないけれど、そういう病気の治し方をする人たちが、「東の博士たち」でした。聖書を読んでいると、目の見えない人の目が見えるようになったり、身体が動かなくなってしまった人が起きあがったりという話しがたくさんあります。イエスさまも「東の博士」みたいに、困っている人の気持ちがわかることで、困っている人の病気を治していたんじゃないかなって思います。
 イエスさまはヨセフさんといっしょに大工さんの仕事をしていました。でも、30歳くらいになってからある時おうちを飛び出して、世の中でいじめられている人たちのために働くようになりました。そしてお弟子さんたちをあつめて、病気の人を治したり、世の中で「罪人」と悪口を言われて嫌われている人たちと食事をしたりしていました。病気になった人は「それは天罰だ」とか「あなたが悪いことをしたからそんな病気になったんだ」と悪口を言われていました。イエスさまはそういう人に「そうじゃないんだよ」と言って病気を治していきました。「罪人」だと嫌われている人たちとご飯を一緒に食べることで「そうやって悪口言われている人たちが本当に神さまのことを知っているんですよ」と伝えました。そうやって「神の国とはこういうところですよ」と神さまのことを宣べ伝えていました。
 イエスさまのすごいところは、律法っていうものが守れなくて悪口を言われて嫌われている人と一緒にごはんを食べたってところなんだけど、それもすごいんだけど、そうやって律法を守りましょうといって結果的に罪人といわれている人たちをいじめてしまっている律法学者はファリサイ派と呼ばれている人たちともいっしょにごはんを食べたみたいです。みんな嫌いな人とご飯食べられますか?イエスさまは律法学者ともいっぱいけんかをしたみたいだなと聖書を読んでいればわかるんだけど、イエスさまはそういう人たちにも、神の国ってこういうところですよ~っていうのを伝えたかったんじゃないかなと爽歌さんは思います。
 爽歌さんは牧師さんになるためにお勉強しています。どんな牧師さんになりたいか、って言われたらやっぱりイエスさまみたいな牧師さんになりたいなと思います。辛い思いをしている人の気持ちがわかって、いろんな人を無視しないでお友達になれる牧師さんになりたいです。でも、それは牧師さんにならなくてもその方がいいよねとも思います。イエスさまみたいになれたらいいな、っていうお話でした。

 お祈りします。
 すべての命の源である神さま、御名をあがめて賛美します。
 本日は、クリスマスの物語から、イエスさまのお働きについて学びました。
 イエスさまはわたしたちの羊飼いであり、また、私たちの悩み苦しみと共にいてくださる方で、すべての者の友です。
 どうかイエスさまの生き方から私たちが神と人を愛していくことができますように導いてください。今日ここに集い、出会えた子どもたちを祝福してください。あなたの愛によって、ひとりひとりに相応しい恵みを注いでくださいますようにお願い致します。
 この祈りを、私たちの救い主、イエス・キリストの御名によって御前にお捧げいたします。 アーメン


Clip to Evernote



“Sayaka Chapel” 爽歌*sayaka神学生のホームへ

“Big Chapel” 礼拝堂/メッセージライブラリに戻る
“Small Chapel” 小礼拝堂/ショート・メッセージ・ライブラリに戻る

「キリスト教・下世話なQ&Aコーナー」に入る

ご意見・ご指摘・ご感想等はこちらまで→牧師あてメール