よい人になりたいな

2008年6月17日(火)同志社香里中学校1年生 ショート礼拝奨励

説教時間:約7分……パソコンに取り込んでからゆっくりお読みください。

礼拝堂(メッセージ・ライブラリ)に戻る
「キリスト教・下世話なQ&Aコーナー」に入る
教会の案内図に戻る

聖書:マルコによる福音書9章33〜35節(新共同訳)

  一行はカファルナウムに来た。家に着いてから、イエスは弟子たちに、「途中で何を議論していたのか」とお尋ねになった。彼らは黙っていた。途中でだれがいちばん偉いかと議論し合っていたからである。イエスが座り、十二人を呼び寄せて言われた。「いちばん先になりたいものは、すべての人の後になり、すべての人に仕える者になりなさい。」

よい人になりたいな

  今日はまず最初に、ひとつの詩をご紹介したいと思います。読みますから聴いててください。 

  「感じる、夢見る、問いかける。
  こころは不思議な大きな部屋。
  森の緑、海の青へと、どこまでも透き通る、
  世界はとっても美しい。
     感じる、伝える、思いやる。
     からだは優しい小さな宇宙。
     人のいたみ、悲しみ見つめ、ほほえんで手をつなぐ、
     明日を願って祈る今日。
  えらい人になるよりも、よい人間になりたいな。
  同志社小のわたしたち。」


  ……というわけで、これは同志社小学校の校歌です。
  きれいな言葉ですよね。作詞したのは、谷川俊太郎という方で、「鉄腕アトム」など、日本ではほとんど知らない人はないような歌の歌詞を書いた、ものすごい詩人です。
  この歌のなかで、特に「ああ、いいな、同志社らしいな」とぼくには思える部分があります。それは歌の最後のほうに出てくる。「えらい人になるよりも、よい人間になりたいな」という言葉ですね。
  「えらい人になるよりも、よい人間になりたいな」

降りていく生き方

  世の中の多くの人は、「えらい人」になるか、「お金持ち」になるために勉強し、いい学校に入り、いい会社に入るか自分で起業するかはわかりませんが、とにかく世間的に見て、地位の高い人やお金持ちになるために人は努力をするのだ、と思っている人が多いです。
  でも、同志社という学校は、必ずしもそういう人を作り出すための学校ではないと思います。少しでも世の中の頂点に近いところに登っていく人生を送る人を作るためにある学校ではないのです。
  まあいわば、「登っていく人生」ではなく、「降りていく人生」です。
  いや、それは貧乏になるのがいいとか、人から嫌われ者になるのがいいというようなことを言っているのではありません。
  そうではなくて、降りていく人生というのは、他人よりも自分を下に置く。他人の事を思いやって、他人の気持ちを想像してみる。そして他人の役に立てるような人生を目標に進んでいく。
  同志社のマークは、よく三つ葉のクローバーにたとえられますが、もう1つ別の意味を受け取る事ができるよ、と教えてくれた人がいました。それによれば、あの三角が3つ集まってできているあの形は、3つの矢じりが下を向いているのだ、というのですね。(矢じりというのは、たとえば石器時代に石を削って作った矢の先端とか槍の先端のとがった部分ですね)。あれがみんな下を向いている。降りていく、という生き方が示されているのだ、と言うのですね。

サーバント・リーダーシップ

  頂点に立っていた人なのに、その頂点は逆ピラミッドのいちばん下の底の方にあるのだ、という発想の転換をした人に、資生堂という最大手の化粧品会社の元社長である、池田守男さんという人がいます。日本キリスト教団の信徒で、今は東洋英和女学院というキリスト教学校の理事長をしておられます。
  この人は資生堂の社長をしていたときに、「社長になれば、会社のすべての人のためにお役に立てる。そして、最終的には、世の中のすべてのお客さまに仕えることができる」と考えたそうです。そして、そういう観点からどんどん経営改革を行い、低迷していた資生堂の収益を、赤字から黒字にひきあげました。
  誰もがこの池田さんのようになれというのは無理があるけれども、人に仕えながら自分の人生を打ち立ててゆくという生き方の根底にあるのは、キリスト教であり、そのことは池田さん自身も語っておられます。
  それは私たち同志社に生きる者が目指すところと大変似ていると思います。
  「人に仕えて生きる、という生き方もあるんだ」ということを、今日はみんなにわかってもらえたら、と思います。
  祈りましょう。

祈り

  愛する天の神さま。
  わたしたち人間は、あなたから、たった一回の大切な命をいただきました。こうして今日もあなたに与えられた人生の時間を、いろいろな目的のために使う事ができます恵みを、心から感謝いたします。
  どうか神さま、私たちが、自分の命を、自分だけのために使うのではなく、互いに自分以外の人へ仕えてゆくことによって、一人一人がこの世の中をよくしてゆくことができますように、どうか導いてください。 主イエス・キリストの御名によって祈ります。
  アーメン。

礼拝堂/メッセージライブラリに戻る

小チャペル入口(ショートメッセージのライブラリ)に戻る

「キリスト教・下世話なQ&Aコーナー」に入る

ご意見・ご指摘・ご感想等はこちらまで→牧師あてメール