解放劇シナリオを読む前に<注意書き>


  解放劇団の劇およびビデオは、差別その他の人権侵害についてについて学び合い、感じ合い、考え合い、話し合い、演じる人と観る人がともに解放されることを目指すドラマです。
  しかし、人権侵害の実態を伝えようとする場面では、たいへん差別的で人を傷つける言葉や行動を細かく描写する場合があります。
  このような描写を読んだり、見たりすることによって、たいへんショックを受けたり、かつて受けた心の傷をよみがえらせて苦しくなる方がいらっしゃることも事実です。
  差別を描く場面は、何が差別であるかを知っていただくために必要なのですが、差別されてきた方が見るとかえって傷をえぐる結果になる。わたしたちは、いつもこのジレンマの間で悩みながら、劇を製作しています。
  もし、シナリオを読んでおられて、気分が悪くなられた方は、どうぞ読むのをやめてください。また、劇やビデオを観ていて、がまんが出来なくなった場合は、どうぞご遠慮なく観劇・視聴を中止してください。しかし、わたしたちがなぜ差別事象をドラマとして描くのか、その趣旨をご理解いただければ幸いです。
  さて、解放劇を観ていて、特に何も感じない、たいしたことはないではないか、こういうことはよくあることだ、と思われた方。あなたはかなり差別・人権侵害に対しては感覚が鈍い方です。どうぞこのドラマをご自身の感性のバロメータとしてお使いください。

解放劇シナリオ・ライブラリー(解放劇場)に戻る


教会の玄関へ戻る
「礼拝堂」でメッセージを閲覧してみる
「キリスト教・下世話なQ&Aコーナー」に入ってみる