Brother Thomas' Underground Chapel

存在と創造者

   by Br. Thomas  10/14/2004

ブラザー・トマスのアンダーグラウンド・チャペル入り口へ
三十番地キリスト教会の案内図に戻る

聖書:創世記1章1節(新共同訳)

  初めに、神は天地を創造された。

聖書:創世記1章24−26節(新共同訳)

  神は言われた。
  「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ。」
  そのようになった。神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、良しとされた。
  神は言われた。
  「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」

鳥インフルエンザ

  先の冬に、鳥インフルエンザが大きく報じられたことは、まだ記憶に新しいところかと思います。中国、韓国、あるいはタイ、ベトナムなどの東南アジア諸国で、また日本でも各地で大きな被害を出しました。たしか韓国もベトナムもだったと思いますが、旧暦のお正月に欠かせない鳥の料理が食べられなくなるといって、大騒ぎになっていました。日本でも輸入全体の7割を占める、中国とタイからの輸入が止まったことが大きく報道されました。
  このインフルエンザウィルス、というかインフルエンザに限りませんが、ウィルスというものは変な生き物です。生物の授業で習ったと思いますが、DNAとその周りを包むタンパク質だけしか持っていない。つまりちゃんとした細胞ではないのですね。ちゃんとした細胞ではないから、自分では増えることができなくて、他の動物の細胞に潜り込んで増える。それが<インフルエンザにかかった>という状態なのです。
  このDNAというものが遺伝子の本体であること。これが変に壊れると様々な病気になったり、ガンになったり、大きく壊れるとその生物はもう生きていけなくなって死んでしまったりすること。なども生物の時間に習ったことと思います。

人類を生んだオゾン層

  このDNA・遺伝子を壊すものとしては強い放射線や紫外線がよく知られています。
  広島や長崎、あるいは核実験場で被曝した人たちは60年たった今日でも原爆症に苦しんでいます。原子力発電所で事故が起こると、どれだけ漏れたか、ということが大きなニュースになります。また南極のオゾンホールだけでなく、北極でもオゾン層が薄くなってきていることが紫外線を強めている、として大きな問題となってきています。
  実はこの紫外線にもいろいろな波長の紫外線があります。みなさんは意識していないかもしれませんが、夏によく使う日焼け止めクリームのパッケージをちゃんと読むと、UV-AとかUV-Bといった言葉でそのことが書いてあります。
  そしてここから先が、不思議というか、偶然にしては出来過ぎというか、先に結論を言ってしまえば、私としては宇宙を創った「神」の存在を考えざるを得ないような話になります。
  実はオゾン層でブロックされている紫外線は、紫外線の中でもDNAに対する破壊力が一番強い紫外線なのだそうです。裏返して言えばオゾン層がなければ、単に皮膚ガンが増えるというようなことではなく、今のような形のDNAによって子孫を残していく生物は生きていけない、あるいは地球上にいる生物のほとんどは発生も進化もできなかった。当然、人類は生まれなかった。しかも、今のDNAの仕組みのポイントとなる炭素を中心とした構造は、地球上の他のどんな元素をもとに作るよりも確実で完全なものである。つまり、オゾン層がなかったら、紫外線が強かったら、他の元素を中心にした遺伝子の仕組みを作ったらいいじゃないか、というわけにはいかない、のだそうです。

めまい

  どう思います?出来過ぎでしょう。私はこの話を地球環境の問題としてある本で読んだのですが、読んだことが頭の中にしみ通って来たとき、文字通りめまいがして、そのまま机の上で数分間、頭を抱えていました。この本の著者が、だから神は存在するのだ、などということを言おうとしているのではないだけに余計に大きな衝撃でした。
  実はこのオゾン層の元になる酸素が地球上で作られていく歴史にも生物がからんでいて、そちらの話も気が遠くなりそうな壮大な話なのですが、今日はそこまで話しますと、ますますめまいがしそうなのでやめておきます。

確率じゃあないね

  いずれにしても、私たちが今、ここに存在しているということは、単なる偶然の積み重ねと考えるには偶然すぎるように思います。確率を計算しようとすればできるのでしょうが、それこそ、気の遠くなるような小さな確率にしかならないことでしょう。その小さな確率を現実に存在するものにしたのは、天地の創造者である神だろう、と私には思えます。その小さな確率が現実になったからには、そこには何か意味があるのだろう、と思います。あなたはどう思いますか?

祈り

  御在天の父なる神様。
  私たちがあなたの御心によって創られたものであることを覚えます。私たちの存在は偶然の産物ではなく、あなたが何らかの思いをもって創られたものであると思います。私たち一人一人が、そのあなたの思いを受け止めて、一人一人に課せられた人生の課題と向き合うことができる力を与えて下さい。
  主イエス・キリストの御名によって祈ります。
  アーメン。

ブラザー・トマスのアンダーグラウンド・チャペル入り口へ

礼拝堂/メッセージライブラリに戻る

「キリスト教・下世話なQ&Aコーナー」に入る

ご意見・ご指摘・ご感想等は……
 →ブラザー・トマスあてメール
 →三十番地キリスト教会牧師あてメール